特定非営利活動法人 洛西福祉ネットワーク

 京都市では,平成29年4月から開始した「京都市介護予防・日常生活支援総合事業」において,研修により一定の技術や知識を習得した方が,高齢者の御家庭を訪問して掃除や買い物代行等の生活援助(家事)を行う「支え合い型ヘルプサービス」を新たに実施しています。

 この「支え合い型ヘルプサービス」に従事される方を養成する「京都市支え合い型ヘルプサービス従事者養成研修」を実施しています。

 尚、訪問介護員と同等の資格を有する方,訪問介護員3級課程修了者及び介護に関する入門的研修又は平成27年度高齢者支え合い活動創出モデル事業における高齢者支え合い担い手養成講座を修了された方は,「支え合い型ヘルプサービス」に従事するために本研修を受講する必要はありません。

★詳しくは、わくわくサロンまで★

支え合い型ヘルプサービスを開始しました


●どんなことをするの?
〇身体介護以外の掃除や買い物などの生活援助です。

●どうすれば利用できるの?
〇介護保険証をお持ちの方で病気や事故などで生活援助が
 必要であると認められる方です。

●どうすれば認められるの?
〇お近くの地域包括支援センターに連絡していただき
 ケアマネジャーに診断してもらいます。

●地域包括支援センターとは?
〇高齢者の介護に関する相談や,保健・医療・福祉の相談
 など日頃の生活に必要なご相談をお受けするために,
 京都市が委託して運営している公的な相談窓口です。
 福祉の専門職や保健師・看護師などの資格を持つ相談員
 が相談に応じるとともに,各種サービスの紹介や利用申請
 手続を含む関係機関との連絡調整を行います。

●費用は、どれ位ですか?
〇所得金額により変わりますが1割負担の場合、千円強です。

●とりあえず相談したいのですが?
〇わくわくサロンまでご連絡ください。

支え合い型ヘルプサービス★の

お仕事をして下さる方を募集しています

 当事業所では、現在、5名のヘルプサービス従事者(時間給:千円)にて、5から8名の方が利用されています。
ヘルプサービス従事者になるには、ホームヘルパー1,2級の 資格をお持ちの方、又は、左記の従事者養成研修受講済の方です。
 ご連絡、お待ちしています。